Products
Resources
Industries
About

SambaNovaとローレンス・リバモア国立研究所が科学のためのAIを加速させるために協業を拡大 - SambaNova Systems

Posted by SambaNova Systems on 2023年05月22日

SambaNova DataScale®が世界のスーパーコンピューターの性能を加速

 

ISC23, ドイツ・ハンブルグ, 2023522— 生成AIを支えるドメイン固有の事前学習済みファンデーションモデルをいち早く市場に投入した会社であるSambaNova Systemsローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)はLLNLの計算センターにSambaNovaの空間的データフローアクセラレータを導入するために、両社の協力体制を拡大することを発表しました。このソリューションは、科学研究の速度と精度を向上させることによって、コグニティブ・シミュレーション・プログラムをアップグレードします。

LLNLは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)を研究全体に活用する、連邦政府の主要研究機関です。LLNLでは、米国国家核安全保障局(NNSA)の先進的なシミュレーションとコンピューティングプログラムの一環として、ディープニューラルネットワークのハードウェアアーキテクチャが従来の物理ベースのシミュレーションをいかに高速化できるかを研究しています。

コンピュータモデリングと実験は科学研究にとって不可欠なものです。モデルは自然現象をシミュレートし、実験は根本原理を理解するためのデータを提供します。しかし、これらは2つの基本的な課題に直面しています。第一に、最も複雑なモデルでさえ、現実をシミュレートするのに十分な精度を達成することはできません。第二に、現代の実験では、定期的に莫大な量のデータが生成されます。これらの問題に対処するため、LLNLの研究者は、SambaNovaシステムを活用して、モデルの精度を向上させるとともに、増大するデータ量を管理する認知シミュレーション(CogSim)に取り組んでいます。

LLNLのコンピュータサイエンティストでインフォマティクスグループリーダーのBrian Van Essen氏は、「マルチフィジックスシミュレーションは複雑です」と述べています。「私たちの慣性閉じ込め核融合(ICF)実験では、膨大な量のデータが生成されます。しかし、基礎となる物理学と実験データを結びつけることは、極めて困難な科学的課題です。AI技術は、既存のモデルに実験モデルを反映させ、実験とモデルの間のフィードバックループを改善する鍵を握っています。SambaNovaシステムは、このような認知シミュレーションを作成するのに役立ちます。」

LLNLは2020年からSambaNovaと協業しています。このコラボレーションはPoCとして始まり、最終的なソリューションのプロトタイプを一緒に作成するまでに発展しました。コラボレーションの最初の段階では、SambaNova DataScaleハードウェアをCoronaスーパーコンピューティングクラスターに密結合しました。この結合により、まずAI計算の利用が可能になり、全体的なスピード、パフォーマンス、生産性を向上させることができました。さらに重要なのは、SambaNovaのシステムを既存のスーパーコンピューティングクラスターに統合し、効率的なCogSimをサポートするヘテロジニアスなシステムアーキテクチャを構築することです。次のステージでは、ヘテロジニアスなシステムをスーパーコンピューティングクラスターと疎結合にすることができます。このデザインにより、より幅広いワークロードの選択が可能になり、LLNLが従来のリソースをより幅広く使用でき、可能なユースケースを拡大する、より汎用的なソリューションとなります。

LLNLの計算センターであるリバモアコンピューティング(LC)のCTOであるBronis R. de Supinski氏は、「我々はAIを活用してスピード、エネルギー使用、データの移動を改善したいと考えています。SambaNovaはCPUやGPUベースのシステムとは異なるアーキテクチャを持っており、SambaNova DataScaleと我々のスーパーコンピューティングクラスターを組み合わせたヘテロジニアスなシステムを活用するCogSimを強化していきます。」

「科学的発見は、スピード、正確さ、そしてコラボレーションに依存しています。私たちは、複雑な科学的課題を解決するために、共に素晴らしいパートナーシップを築いてきました」とSambaNova SystemsのCEOであるRodrigo Liangは述べています。「SambaNovaの俊敏性、パワー、柔軟性を活用して、ローレンス・リバモア国立研究所の国益に資する科学という使命を果たすことができることを嬉しく思っています。」

LLNLは科学コミュニティにおける重要なユースケースに対処する必要があり、SambaNovaのアーキテクチャを活用することで、フルスタックのAIソリューションを持つ機会と必要性を示しています。詳細については、sambanova.aiをご覧ください。

ローレンス・リバモア国立研究所について

1952年に設立されたローレンス・リバモア国立研究所は、革新的な科学、工学、技術を通じて、米国の最も重要な国家安全保障上の課題に対する解決策を提供しています。ローレンス・リバモア国立研究所は、米国エネルギー省の国家核安全保障局のために、ローレンス・リバモア国家安全LLCによって管理されています。

SambaNova Systems について

最先端の生成AI機能を企業内に迅速に展開するために、SambaNovaに注目が集まっています。 SambaNovaのエンタープライズスケールのために構築されたAIプラットフォームは、次世代の生成AIコンピューティングのための技術的バックボーンです。

カリフォルニア州パロアルトに本社を置くSambaNova Systemsは、業界の著名人や、サン/オラクルおよびスタンフォード大学のハードウェアおよびソフトウェア設計の専門家によって、2017年に設立されました。投資家には、SoftBank Vision Fund 2、BlackRock、Intel Capital、GV、Walden International、Temasek、GIC、Redline Capital、 Atlantic Bridge Ventures、Celestaなどが含まれています。sambanova.ai をご覧いただくか、info@sambanova.ai までご連絡ください。Linkedinで SambaNova Systems をフォローしてください。

お問合せ
SambaNova Systems Japan合同会社
林 憲一
kenichi.hayashi@sambanova.ai